カテゴリ:maintenance( 23 )

踊るタコ


タコメーターが7000rpm付近で踊ってしまい(針が大きく振れる)、正確な表示をしません

自分的には慣れてるので平気なんですが

時々交換して乗るお友達から不評なので

ヤフオクで中古メーターAss'yをポッチン

作業は至って 簡単 面倒くさいです


e0186359_8431416.jpg
サイドカバー、タンク、HIDバラスト、カウル、ライト、そしてメーターの順に取り外し





e0186359_851965.jpg
指紋がつかないように、オペ用ゴム手袋を装着して作業を行います





e0186359_8524986.jpg
組み付けついでに、普段手の届かない部分も掃除しました





走行テストの結果


交換前 : 7000rpm付近で針が踊る

交換後 : ・・・






全回転域で踊る



知り合いのバイク屋さん曰く

「そのタイプはみんな踊っちゃうんだよねぇ~」





・・・・



先に言って欲しかったです orz




もう、


面倒なので、このまま乗ります!

(この作業は8月7日に行いました)
[PR]
by CBX750FE | 2010-08-12 08:59 | maintenance

フロントタイヤ


先日、リヤタイヤをDUNLOP SPORTMAX α-12に取り替えたら、それまで履いていたバイアスのDUNLOP K505と比べてグリップ力が上がった分だけフレームやサスペンションに負担がかかり、旋回性の低下を感じました。今までの速度域を保ってコーナリングしようとするとフロントタイヤが負けてしまいアンダーが強く出てしまいます。その結果、コーナーの出口に車体を向けるタイミングが遅れ、バイクが寝ている時間が長くコーナリング全体の速度が遅くなりました。そもそも、フロントに履いているMICHELIN RADIAL MACADAM 100X 110/80 ZR 17も名前こそラジアルですが、製造年月日を見れば2004年製・・・しかも、現在は廃盤品でした。

リヤサスをCBR1000のものと交換してあるのですが、やはりバイアス設計のフレームとフロントサスペンションですとタイヤの硬性の高さを吸収するに至らないようです。キャスターを立てるとか、ホイールベースをつめるなどジオメトリの変更などの手法もありますが、いまのところボクにとっては非現実的な解決策です。

そこで、いままでのリヤ/バイアス、フロント/ラジアルの組合せを逆にしてみたら・・・という発想で、あえてフロントにラジアルを持って来ずにバイアスのTT900GPを履いてみる事にしました。


e0186359_19232518.jpg

このタイヤを選んだ理由は
1.リヤと同じダンロップだから(素直)
2.日本の道路には日本のタイヤが一番だと信じているから(疑)
3.リム幅2.5インチに適合するタイヤだったから (←これが一番の理由)



e0186359_19271332.jpg
そして今回は 見た目の軽量化 気分を変える意味も含めて、ホイールをブラックに塗装します。




e0186359_19291398.jpg
レーシングスタンドにシャフトを固定して、回転させながらムラのないように塗装します。
( ↑ 我ながら、なかなかのアイデアだと大満足!)




e0186359_19311887.jpg
塗料は乗用車用の高級品を使用。





e0186359_19324277.jpg
ディスクローターボルトにロック剤を忘れてはいけません。





e0186359_19334177.jpg
もうすぐ出来上がりです。





e0186359_1934221.jpg

祝  完成  ★





どぉーです、以前と比べてキリっと精悍さが増したでしょ!?


実は以前のゴールド色ですと、せっかく交換した ウェーブディスク が目立たない事に不満だったのですw


実走が楽しみです。


ついでにフォークオイルを複雑な計算式を用いて算出し、75#を左右60cc足したのはナイショです。
[PR]
by cbx750fe | 2010-06-14 19:38 | maintenance

ブレーキマスター


CBX750Fに試乗されるみなさんから、あまりにも不評な純正フロントブレーキマスターを交換してみました。

e0186359_1133619.jpg


5/8サイズ


トレンドのラジアルマスターも検討しましたが、CBX750Fには身分不相応ということで普通のタイプです。


ボクは指が短いのでレバーもショートタイプに変更、極めて良好です。


来週のサーキット走行に向けて、着々と・・・(腕前除く)
[PR]
by cbx750fe | 2010-06-12 06:00 | maintenance

フロントブレーキ


いつもの仲良しメンバーの間では、なにか改造を施すと
試乗ってことで、ちょくちょく乗り換えっこしています。

当然、そのときには仲良しさんの誰かがCBX750Fに乗るわけですが
とりわけ、K5さんがいつも言います・・・

「ぶれーきぃぃぃぃwww」


なんでも、このCBX750Fのブレーキは、かなり×××らしいです。
たしかに、K5やZ1000と比べると・・・というか比べようのない差は否めない事実です。


そこで、今回ブレーキのメンテも行いました。


e0186359_10334193.jpg
サクサクとキャリパーを外します。




e0186359_10342133.jpg
うほっ!
25年の歳月という重みを感じますネ。


「こんなブレーキで乗るんじゃねーyo!!」


はい、お叱りはごもっともです(反省;






e0186359_1035209.jpg
片側2個のピストンなので、交換部品は各4個づつです。
それでも部品代だけで諭吉+が飛んでゆきます。
これが6ポッドの対向キャリパーだったらと思うと(怯;

そう考えると、CBX750Fなかなかのエコ車です。




e0186359_10381575.jpg
念入りに掃除して新しいキャリパーピンやピストンを組み付けます。

キャリパーに小細工を施して、ファーストタッチをマイルドになるよう秘密加工しました。





e0186359_1039526.jpg
ついでに、CBR250R用の穴あきフローティングディスクも磨耗してきたので






e0186359_1040859.jpg
今風(いまふう)の、ウェーブディスクに交換してみました。



あたり出しに、今夜上がってみようと思います。
(日曜日の夜は空いてるんですよねー)
[PR]
by cbx750fe | 2010-06-06 06:27 | maintenance

リヤタイヤ


あれこれと色々なタイヤがあって悩みましたが
装着可能サイズの中から選んだのがコレです。

e0186359_942309.jpg
DUNLOP SPORTMAX α-12

ポン付けで17インチに換装したリヤホイールリム幅が3.5インチなので
タイヤサイズは 140/70R17 MC66H です。



オイル、プラグ、各部増締めなどの基本メンテも一緒に行って

e0186359_9453850.jpg





ハーネス裏のムフフBOXを開けます

e0186359_946156.jpg


CBR1000RRのリヤサスを取り付けるために、エアークリーナーBOXを加工してあります。




e0186359_9523351.jpg


タイヤのゴム質が柔らかくなり硬性が増した分、少しだけHARDにセットしてみました。
(上下ともMAX締め込みより3/4回転戻し)

たぶん、違いはわからないと思う (汗;
[PR]
by cbx750fe | 2010-06-05 06:39 | maintenance

ふむぅ。。。


e0186359_1717915.jpg


これヨサゲな予感

DUNLOP

C.T.T.(キャンバーストラスト・チューニング・テクノロジー)とハイドロシミュレーションを駆使してパターン剛性をチューニングするとともに、ランド比率分布も最適化。

ちんぷんかんなところが、またイイw
[PR]
by CBX750FE | 2010-05-16 19:16 | maintenance

チェーン交換


最近チェーンの伸びが異常に早いので


点検してみたらローラーは程々なのですが


カシメをバラしてみたら内部のピンが磨耗してました。
e0186359_1331725.jpg
(奥側が新品)




考えられる原因は

1.経時劣化による金属疲労

2.Oリングのゴム質劣化による潤滑不足

3.繰り返し掛かる大きなトルク負担

4.古いバイクだからw




とりあえず交換することにしました。


チェーン選定に際しまして、D.I.Dとか、EKとか、RKなどを検討しました。

このような世界に通用する一流品を国内で簡単に入手できる環境って嬉しいですよネ♪



さっそくポッチン♥




翌々日には手元に届きました。
e0186359_11463954.jpg





で、ボクが選んだのは






e0186359_11473122.jpg

KMC







made in Taiwan ですが、なにか^^?









e0186359_11495285.jpg
見た目ではプレート強そう+カシメもしっかりしています。
e0186359_11504376.jpg




近年、アジア諸国工業製品の精度向上という事実に目を背けてはいけません。

ですから、あえてボク自身が【安かろう○○かろう】に挑戦してみまっス!

近いうちに上がってみてレポートしますネ


e0186359_1341954.jpg



あ、ちなみにサイズ530/120LのOリングで

チェーン:5,041円
送料:840円
代引き手数料:315円

合計:6,196円 でした。
[PR]
by cbx750fe | 2010-01-30 06:31 | maintenance

ウルトラ爺さん


今日はまるで春先のような暖かさで


絶好のオイル&プラグ交換日和です。


今まではMOTULを使用していましたが


今回は最も自分に合ってるOILチョイス。


e0186359_1247980.jpg

爺さん オイルです。


G4という高性能オイルもありますが、CBX750FはSSぢゃないし、まぁ身分相応かな・・・みたいな。




まずプラグ(純正指定のNGK:DP8EA-9)交換から




最初にプラグを取外した際にシリンダー内へゴミが落ちないようにエアーで清掃。
e0186359_13174416.jpg






CBX750Fはカウルやタンクそのままでも純正レンチで横からプラグ交換が出来ます。
e0186359_1319314.jpg






が、やっぱり少し手間が架かってもタンクを外して真上から
e0186359_13192470.jpg






ん゛っ!!!





プラグコードを点検すると3番コードが切れかかっていました。
e0186359_1322338.jpg

ま、あまり深刻に考えずシリコン部を少し削って差し込んでテープをグルグル♪





そして気休めリーク防止にシリコングリス登場(鉱物性はダメですよん)
e0186359_13244430.jpg






軽く塗布して
e0186359_1326284.jpg






余分なグリスをエアーで掃除。
e0186359_13264583.jpg







セル一発始動、暖機運転してから






エンジンオイル交換です。
e0186359_13272436.jpg




もちろん IXL も100cc注入☆



これでラッシュアジャスターの機嫌がなおるといいのですが (願!
[PR]
by cbx750fe | 2010-01-20 13:30 | maintenance

チェーン掃除


そういえば

先週の日曜日、帰り道で雨に降られたのを忘れてました。

ほとんど夜しか走らないので気付かなかったのですが

e0186359_12461448.jpg
ごめんよごめんよぉ~(><;)






センタースタンドを取外していますのでプロリンク下部に四輪車用パンタグラフジャッキをかけてリヤタイヤを浮かします。
e0186359_12493485.jpg
グルグルが楽ちんです。






チェーンクリーナーはピンキリですが、一番安かったのでコレ@にりん館
e0186359_12494718.jpg






「シュー♪」とひと吹きで、みるみる汚れが落ちます。
e0186359_1252151.jpg
ホイール掃除の予定がないときは、汚れが飛び散るのでホイールの養生をお奨めします。





細かいところやローラー部など、ブラシを使い分けてシコシコ♪
e0186359_12552388.jpg
汚っちゃねー!!






で、




ココで登場★
e0186359_12571774.jpg
♥ IXL ♥(36oz)






オクでポッチン追加購入しちゃいました^^;





丁寧に手作業でチェーンに塗布して出来上がり (喜
e0186359_1321714.jpg





今回はIXLパワーを試す意味で、チェーンオイルは一切使いませんでした。

後日、経過報告いたします。




それと



リヤショックシリンダーにも塗布してみました。
e0186359_1344747.jpg

[PR]
by cbx750fe | 2009-11-29 06:42 | maintenance

【続】 IXL


だんだん良くなる法華の太鼓 ♪
(注釈:物事が次第に良い方向に向かっていくことをしゃれて言うことば)


先日のIXL記事の続きです。


2009年11月16日


交換時のエンジンオイル容量2.5リットルのCBX750Fに、お試し気分でIXLを100cc注入する。
(メーカー推奨はオイル量の5%)

注入後約10分でエンジンのメカニカルノイズが激減し、走り出すとシフトが軽くなった。

慣れたルートで、いつものタイミングでアクセルを開けるとリヤが滑り出した。



・・・と、ここまでは記事に書きました。



そして




2009年11月22日

muhさんお見送りで走った常磐自動車道では、Dreamイトーさんや、そのお仲間達が驚くほどに


CBX750F 速っぇー!!




たしかに、今までになくレブリミットまでストレスなし一気に吹き上がります。



IXL注入から10日が過ぎ、走行も200kmを超えたところで



ご機嫌な変化のご報告を兼ね coshiさん をお誘いして昨夜再び首都高へ


いつものように芝浦PAで待ち合わせ


芝浦PAはアプローチが、ちょうどパーキングの真上にあるので・・・


特にZ1000とGSX-R1000揃い組みの到着は排気音でわかります


しかし、昨夜のcoshiさん達の音は今までと違ってました。


思わず「マフラー変えたの!?」と覗き込んでしまうほど



黒い重低音が響いてました

そうなんです、この2台こそIXLパワーの先駆者なのです。

e0186359_21554215.jpg
Z1000=coshiさんと、GSX-R1000(K5)さんです。





で、アレコレとそれぞれに感じたIXL変化情報を交換し合い




導き出された結論は



信じるものは救われる♥




すると、coshiさんが背負ってきたバックパックからIXL36ozボトルが飛び出しました


初期注入から少ししてから追加注入すると尚更にイイ!


ということで、50ccを分けていただいてCBX750Fに追加注入しました。



そして


フロントフォークにもイイ!!



ということで、coshiさん自ら塗布してくださいました。
e0186359_2219290.jpg




金属の摺動部によろしいことは理解しておりますが、浸透性を考えれば、その即効性についてはあまり期待しておらず、とりあえず、銀S→箱崎→向島→堀切JCT→C2経由湾岸コースへ繰り出しました。




堀切JCTまでは、いつもの帰り道なので得意の部類に入るコース




普通に120Rコーナーに進入しましたら




おろろっ。。。





へなちょこCBX750F






へっぽこターン@@!




いつもとまったく違う挙動です



インに余計に切れ込んでしまうのです。





すなわち、初期動作におけるフロントフォークの沈み込みストロークが増加することにより、キャスター角が立ち、よりシャープな切れ込みになったのです。


イイ仕事してます>フロントフォーク




もともとCBX750Fはフロント16インチで旋回性能を高め、やや長めのフォークストロークでキャスター角を寝かせることによって、直進安定性を保つような設計ではないかと思います。そのため、今回のIXL塗布によるフォークのスムーズで大きい動作はそれまでの感覚を驚かせるには充分すぎるほどでした。


メロメロになってしまった1周目でした orz


芝浦PAに戻ってコーシータイム


フロントイニシャルを変える云々よりも、その特性を理解することに努め2周目トライ


直線で安全を確認しつつ、強めのブレーキングや、あれこれ模索


そして、3週目へ







すると




ヤッホッホ~イ♥♥♥



coshiさん&K5さん、ありがとうございました。


結局5周もしてしまいました (疲




本日の走行距離:179km
[PR]
by cbx750fe | 2009-11-27 22:44 | maintenance


闇練中


by CBX750FE

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

その他のジャンル

ブログパーツ

ライブチャットのジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧