エンジンオイル交換


オイルはやっぱり MOTUL

でしょうか、銘柄や効能についてはよくわかりませんが交換しました。

e0186359_1055687.jpg




CBX750Fはダブルクレードル型フレームの内部をオイルラインとして使用してますので、両サイドフレーム下部ドレンからもオイルを抜きます。

e0186359_10572750.jpg


集合マフラーを装着してるためセンタースタンドがないので、車体を垂直に支えながらオイルを抜きます。

オイル汚れてますねー。
そういえば、購入してからまだ一回もオイル交換していなかったので、前回はいつだったのか不明です。


オイル量は【オイル交換時2.5リットル】と表示されていますが、オイルクーラーを容量の大きなゼファー1100用のものと交換してあるので、ゲージを見ながら多目に補給しました。
ちなみに、給油する際にはオイルジョッキからゆっくり入れないと、ドバっと溢れ出てきました。
[PR]
# by cbx750fe | 2009-08-07 22:06 | maintenance

ETC取付


CBX750FにETC

を取り付けてみました。



まずはテスターで12V電源を探します。
電源は四輪車だとACCから取りますが、バイクだからIGから。

e0186359_1724832.jpg




IG電源の中のメーター回路から取るのは、回路が遮断された場合、電圧計と燃料系が動かなくなるので走行中でも確認が出来るからです。

e0186359_17144218.jpg




センサーはフロントカウル・スクリーン下部に両面テープでしっかり取り付け。

e0186359_17172029.jpg




シート、タンクなどを外してメインフレームに沿って電源ハーネスにテーピングで留めます。

e0186359_17191122.jpg




ETC本体はテールカウルの小物入れ内へ。

e0186359_17212770.jpg





取り付け完了。

キーを捻ってメインスィッチを入れると

「プップップップッ セットアップされてません♪」

配線OK!

ここまでの作業は完璧です。



次に、本体のカードセットアップです。

オンラインでORSEにつないで、車検証の情報を入力。

車体の形状入力は「オートバイ」

・・・と、ここでerror!

なんと、申し込み番号がオートバイ用ではないとのこと。



WEB用ETCセットアップ用紙には、申し込み番号が一枚ごとに振られてます。

その用紙を見ると、たしかに軽自動車、普通車、大型車用と書いてありますが、オートバイの文字は見当たりません。

早速、オートバイ専用の申し込み用紙を入手。

セットアップは1台だけなのに、その用紙は一冊100枚綴りって・・・どぉする残りの99枚!?



さて、申し込み番号を入手したので、WEBセットアップ再トライ。

今度はバイクセットアップ申込番号を入力したとたんにに error!

「二輪車オンラインセットアップ店として登録されてません」って言われました。

ORSEに問い合わせしました。

簡単にオートバイも追加登録が出来ると思ったら、登録店として全て最初から申請しないとダメらしいです。



うむむぅ

セットアップを自力で行うことは不可能となってしまいました。



そこで、オンラインセットアップ店であるバイク屋さんにお願いすることにしました。




続く
[PR]
# by CBX750FE | 2009-08-05 23:43 | etc

ふたたびレインボーブリッジ


昨晩は夜風が気持ちよかったので

GPZ900R(Ninja)のkumeちゃんと走ってきました。

コースは外環状からC2に抜けるコースです。

e0186359_1756132.jpg




毎度の芝浦PAでお茶休憩。

CVSのAmPmがあるので便利です。

e0186359_1759281.jpg




Ninjaは、OhlinsやHIDやマフラーやフォークやハンドルやetcかまってあります。

e0186359_17594773.jpg





走行距離:76km

やっぱNinjaはカッコエエですね。
[PR]
# by CBX750FE | 2009-08-05 01:06 | run

大黒埠頭PA


昨晩はお月様が

ポッカリ浮かんでいたので走ってきました。

いつもの外環状から湾岸線を直進、羽田を抜けて大黒埠頭まで。

e0186359_1315825.jpg


e0186359_132755.jpg




ついでに晩御飯

かさすクーポンを使ってIDでお支払い。

e0186359_134960.jpg


これで ¥300って、すごく得した気分です。



ところで大黒埠頭PAにあるマクドナルドって2000軒目だったんですね。
現在は、いったい何軒くらいあるんでしょうか?

e0186359_1355519.jpg



帰りは羽田線から環状外回り経由C2中央環状江北を使いました。


本日の走行距離:138km
徐々に馴染んできました。
[PR]
# by cbx750fe | 2009-08-04 02:11 | run

首都高


早速、テストラン


首都高速外環状からレインボーブリッジを抜けて芝浦PAでひと休み

e0186359_18573891.jpg


e0186359_18574783.jpg


内環状の内廻り霞ヶ関経由を軽く流して帰りました。


ブレーキフィールは格段に向上しました。
[PR]
# by cbx750fe | 2009-08-01 23:55 | run

ブレーキホース交換


ポッチンしてしまいました。

e0186359_13501830.jpg


ステンメッシュホースです。

昔のメッシュホースは銀色のホースに白いポリのカバーがついてるタイプしかありませんでしたが、最近はカラーが選べるんですね。

カラーコーディネートってことで、ブラックを選びました。



ノーマルのホースは時間の経過とともにゴム質が劣化して、強くブレーキをかけるとキャリパーにそのまま伝わらず、ホース自身が膨張してしまい、ブレーキフィールを損ないます。

e0186359_13543074.jpg


そして、1号車に比べて現在乗ってる2号車は、ブレーキマスターの感覚もイマイチなので、先日入手しました中古ブレーキマスターも同時に交換しました。

e0186359_13554492.jpg





ブレーキオイルは車体の塗装に重大な影響を及ぼしますので、しっかりと養生します。

e0186359_13564641.jpg




上下バンジョー部の銅ワッシャーは、オイル漏れ防止の観点から使いまわさずに必ず新品を使用しましょう。

e0186359_13582835.jpg





購入したステンメッシュホースをそのまま取り付けて、エアー抜きをしたところ右キャリパー付近よりオイルが漏れてます!

e0186359_1823843.jpg


点検したところ、ホースのバンジョー部がゆるんでました。

やはり新品といえど、取り付け前に点検しないといけませんね(学)


約45分後、作業終了。



e0186359_1424493.jpg

装着前



e0186359_1432579.jpg

装着後



ハンドル廻りが精悍になりました!(自己満)







ステンメッシュブレーキホース(1000mm) ¥2,480円×2
銅ワッシャー ¥45円×7
送料 ¥700円也
[PR]
# by cbx750fe | 2009-08-01 21:49 | maintenance

ディスクロック


とりあえず走るようになったので


記念撮影をしてきました。


その帰り道、二輪用品店に立ち寄りました。

特に欲しいものはなかったのですが、以前Kawasaki 750FXに乗ってて盗難にあったことを思い出し、コレを買いました。
e0186359_13255646.jpg



ディスクホイールに取り付けるロックです。
e0186359_13263028.jpg


e0186359_1326387.jpg



その気になれば、すぐに壊せると思いますが抑止効果を期待してます。

それにポケットに入るサイズというのも気に入りました@¥1,890円
[PR]
# by cbx750fe | 2009-07-29 22:00 | buy

スピードメーターがっ!



スピードメーターが踊りません!



少し気合を入れたテストランということで、コータロー君のGSX-R1000に伴走してもらって高速に乗ってみました。

まぁまぁの交通量だったのですが、余裕で走るGSXに必死でついて行ったら途中でスピードメーターが動かなくなってしまいました。

メーターケーブルを外して見たらホイール部のギアプレート?がダメになってました。



e0186359_1343161.jpg


中古部品は思いのほか簡単・迅速に手配できました。



送料がもったいないので、ついでに数点注文して、同梱で送っていただきました。

ギア
e0186359_1351726.jpg


スピードメーターケーブル
e0186359_136760.jpg


フロントブレーキマスター&レバー
e0186359_1364073.jpg





慣れた手順でフロントホイールを外します。
e0186359_137284.jpg


分かり難いですが、ココの部分が折れてます。
e0186359_1374518.jpg



22mmのメガネレンチと反対側をモンキーレンチで咥えてシャフトをホイールから外してギアを抜き出します。


小さなプレートのようなものが折れてます。
右側が取り寄せた部品です。
e0186359_1382893.jpg



ホイール装着時、フロントフォークのクランプには取り付け方向があります。
しっかり確認しました。
e0186359_1833470.jpg



スピードメーター復活
[PR]
# by cbx750fe | 2009-07-28 21:52 | repair

丸ごともう一台



WPが¥130,000、HAGONでも¥70,000


しかも2ヶ月という時間も掛かるし・・・。


そんなときに、もう一台のCBX750Fに出会いました。

フロント・リヤホイールもタイヤを選びやすい17インチに換えられて

集合マフラーとオイルクーラ付き

なによりもリヤサスがCBR1000RRのものを加工して取り付けてあったのです。

車検もついてるし、値段もWPとHAGONの中間です。

この際だから一台丸ごと買っちゃいました。





e0186359_12263143.jpg


とりあえず、外装は黄色が好きなので最初に買った1号車と今回の2号車を車体、外装スワップです。

e0186359_12264629.jpg


この頃になると、作業は手馴れてます(笑)



e0186359_12272423.jpg


あっという間にスワップ完了。


これによって、フルノーマル1号車(ブラックオリジナルカラー)と黄色の2号車が完成。


感動です!
これでようやく走り出せます。




(さて、どぉする > 1号車???)
[PR]
# by cbx750fe | 2009-07-24 06:08 | buy

リヤサス分解


では、実際にどんな構造で、どこに問題点があるのか!?

e0186359_11195763.jpg



ということで分解してみました。


e0186359_11202344.jpg



このサスはガス式ではなく、オイル+エアー式です。

使用されているオイルも引火点の高いATFオイルということを確認するも、念のため消火器を準備して分解開始。



コイルスプリングが見えました。
e0186359_11232456.jpg



スプリングダンパーはしっかりしてます。
e0186359_11242078.jpg



スプリングが飛び出すと危険なのでケース上部の溶接部分(5mm)を残して外します。
e0186359_11253584.jpg



ここにオイルラインがあります。
比較的大きな穴で、リザーバタンクに見立てたアウターケース内のオイル出入り口でしょうか。
問題はこの内側です!
e0186359_11271176.jpg



この部分を取り外します。
スプリングを切断して安全を確保します。
e0186359_11293249.jpg



ショックのシャフトをバイスプライヤーで固定してアッパーブラケットを外します。
e0186359_11304395.jpg



いよいよショックを抜き出します。
e0186359_11315688.jpg



ついにオイルラインが見えました。
e0186359_11323337.jpg




さらにショックシリンダーを分解すると。
e0186359_11334698.jpg






e0186359_1134721.jpg

なんじゃこりゃぁぁぁぁぁ!!@松田勇作風

e0186359_11354162.jpg




こいつが原因だったのです。
コイルスプリング部の他にショック内部にも底付きブッシュを使っているようです。
それが長い年月の中でオイルによってこなごなになってしまったようです。
しかもこんなに!
e0186359_11365011.jpg


スプリング部のブッシュもオイルに浸かってたのに、なんともないです。
・・・ということは、HONDAさん=SHOWAさんが材質の選択を間違えてしまったのでしょうか
もしもスプリング部と同じ材質だったらと思うと無念です。

しかし、25年先までは読みきれないですよね。



このように伸び側のオイルラインを塞いでました。
e0186359_1137501.jpg




ショック内部のオイルは、アウターケース内と比べると明らかに汚れてました。
e0186359_11383250.jpg


やはり25年の経時劣化とでも申しましょうか、恐らく現存するCBX750Fのノーマルリヤサスは多かれ少なかれこのような状態になっていて、作動しているものはたまたま運良くオイルラインが確保されているものと思われます。

そういえば、ヤフオクで『オーバーホール済みCBX750Fリヤサス』をいうのが出品されてて、諭吉1.5人ほどで落札されてましたが、もしも91257-MC7-003=オイルシールとアウターケースのオイルを交換しただけだとすれば、それぞれの主観ではありますが オーバーホール オイル交換 ではないかと思いました。

と、同時に中古のリヤサスもなかなか難しいですね。


やはり社外サスを2ヶ月待つしかないのでしょうか・・・。
[PR]
# by cbx750fe | 2009-07-20 22:46 | know


闇練中


by CBX750FE

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

その他のジャンル

ブログパーツ

ライブチャットのジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧