クラッチスレーブシリンダ O/H


え゛っ! こんなに軽くなっちゃうの!?

ということで、先に結果を述べてしまうほどの驚きでした。


クラッチスレーブシリンダをオーバーホールしてみました。
(四輪車ですとレリーズシリンダの部分です)
e0186359_125349.jpg





先日、クラッチオーバーホールを行い、特に不都合は無かったのですが、とりあえず消耗品のメンテナンスということで必要最小限の部品を発注しました。
e0186359_1252874.jpg

シリンダピストンのオイルシール(画像左)とスレーブボディガスケット(同右)です。
ふたつの部品を合わせても¥800ちょっとでした。




オイルホースと4mmボルト3本で固定されている本体を取外します。
e0186359_12114739.jpg

劣化したグリースがべっとり!




e0186359_12123248.jpg

シリンダをウエスでくるみオイルボルト取付部より低圧でエアーを吹き込むとシリンダが飛び出します。
e0186359_12155412.jpg

矢印のオイルシールを交換します。
四輪車のドラムブレーキに使われているホイールシリンダーのカップ交換作業と同じ要領ですね。





e0186359_1218395.jpg

シリンダ内部もとても汚れています。





e0186359_12191673.jpg

特にこのオイルシールの作動部にある段付きが曲者です!

#1000のサンドペーパーにブレーキフルードを垂らし共擦りで馴染ませてからシリンダ内部を円周方向で磨きます。
(縦方向に磨くとオイル漏れを起こします。)


ピストンやオイルシールにブレーキ用ラバーグリスを塗布する方法もありますが、多く塗りすぎたり劣化したりするので、私はたっぷりのブレーキフルードを塗って組み込み、取外しと逆の手順で組み付けます。

【本体締付けトルク:0.4~0.7kg-m】
【バンジョー締付けトルク:2.5~3.0kg-m】




e0186359_12263142.jpg

エアー抜きを行います。
(オイルホースを取外した際に、バンジョー部をオイルクリップで止めないとクラッチマスター内が空っぽになってしまうので、その場合はマスター側から先にエアー抜きを行います。)



クラッチがとても軽くなりました♥

これは、確実に体感できます!
作業簡単、部品も安いのでCBX750Fのオーナー様は、騙されたと思って一度お試しください!!



部品代 オイルシール&ガスケット 840円
使用油脂 DOT4 ブレーキフルード 100cc
作業時間 30分
[PR]
# by cbx750fe | 2009-08-23 06:40 | maintenance

ショートステー・ミラー



街乗りしていて気になるのがミラーの幅です。


微妙な隙間をすり抜けるときに数センチの幅の差って大きいんですよね。
特に大型トラックが並走している時の隙間って・・・。


社外品も含めてあれこれ物色していたのですが、やはりメッキなどの質感も含めて純正品のほうがと思い、またもやポッチンしてしまいました。

e0186359_14465069.jpg

画像上がホーネット用ショートステータイプ、下がCBX750F用ノーマル改です。
以前の記事にあるようにCBX750F用ノーマルステーを13mmカットしても長さがこんなに違います。


ヤフオク出品説明には『ホーネット用』とありましたが、なんとなくHONDAのアメリカンっぽい気もします。



e0186359_14481671.jpg

これで、ミラーはハンドルの幅内側に入りました。
後方視界が多少悪くなりましたが、都度目視で対応したいと思います。


ハンドルをロックまで切るとミラーステーがカウルに当たるのはナイショです。
[PR]
# by cbx750fe | 2009-08-20 20:52 | maintenance

HIDテストラン



走り出したら白銀の世界

High Intensity Discharge lamp
中国製造のHIDキットなどがヤフーオークションやネットショップなどでも多く売られ、5000-10000円(送料など含まない)と安価であるため購入しやすい。中国製が悪いというわけではないが、UVカットがされていなかったりバラストの構造が価格重視で適当だったり防水対策が不十分な製品があるなど注意が必要である。 保証体制も3年などの製品もあるが、3年後に取扱者が販売を続けているとは限らず期待しない方がよい。様々な出品や販売があるがバルブやバラストの種類は数種しかなくラベルを張り替えて差別化されている。その為、内部の構造や種類は殆どが同じともいえる。【Wikipedia】



それでもいいんです


なんて明るいのでしょう!


いつもの首都高へ乗り入れてみました。


走ってて感じたのですが、自分以上に相手から視認されやすいようで進路を譲ってくださる四輪車が多かったです。

それから、以前のH4ハロゲン/45W球仕様ですとアイドリング時には電流計が12Vを下回るので、長い信号待ちなどではポジションランプに切り替えていたのですが、HID装着後は同条件下でも常時12V以上を維持してます。バルブが35Wだからでしょうか、それともリレーのおかげ!?



毎度の芝浦PAでお茶休憩です。
今宵はZZ-Rさんとお友達になりました。

e0186359_2505853.jpg

HIDな旧車CBX750Fに、とても驚いてくださいました。(嬉


帰りは環状外回りから箱崎ー辰巳JCT-湾岸ー外環状のコース
ところで、お盆が明けたら途端に夜間道路工事多すぎです!


本日の走行距離:89km
[PR]
# by CBX750FE | 2009-08-19 02:51 | run

HID装着



念願のHIDをポッチンしました。



ヤフオクでバイク・パーツのジャンルで探していたのですが、バイク用一流メーカー品は1灯式でも値段が高いです。

そんなとき 突然の閃きがっ!

CBX750FのヘッドランプはH4タイプのハロゲン2灯式です、これは四輪車用でも同じなんですね。当然、資本主義社会の原則とでも申しましょうか、品物の流通量が多いほうが安いということに気付き四輪車用を検索してみると、はい!ありました!!


出品者さまの【オークションの評価】を鑑みながら、Lo/Hi切替や完全防水などの仕様を確認。
明るさは巷の純正よりも少し強い青白の35W/6000kを選びました。
(数値が多いほど青色が強くなって、かえって見難くなります)



ポッチンして36時間後には届いてしまうという、なんと便利な世の中になったのでしょう。
e0186359_155362.jpg
しかもお財布に優しい5,900円(税・送料別)

(デジタルバラストが重くて大きいけど、まいっか)


取付開始


シート、サイドカバー、タンク、フロントカウル、バッテリーマイナスターミナルを取り外します。
e0186359_2113130.jpg




e0186359_213479.jpg

ヘッドランプAss'yは6mmボルト1、ナット2で固定されています。
e0186359_2145122.jpg
e0186359_2152246.jpg




裏側の防水ブーツと標準で装着されているH4ハロゲンバルブを取り外します。
e0186359_2161354.jpg





e0186359_217241.jpg

ついでにヘッドライトレンズの内側もティッシュにパーツクリーナーを染み込ませてピンセットで清掃。
e0186359_2184490.jpg





e0186359_2195317.jpg
HIDバーナーを取付けます。




e0186359_2231818.jpg
仮配線にてテスト点灯。





e0186359_2242181.jpg
大成功!





作業自体はとても簡単ですが、いくつかの問題点がありましたので記しておきます。

【良いところ】
1.値段が安い
2.注文してから商品到着まで速い
3.このキットにはリレーも含まれている

【悪いところ】
1.ブラスチックの材質に問題があるようでカプラーの留めが接続しただけで3箇所も割れた
(ビニールテープで対策しました。)
2.四輪車用だからなのか、デジタル・バラストが大きいのでネイキッドには不向きかも
(CBX750Fはフロントカウル内側に超強力両面テープで固定しましたが耐久性に不安アリ)
3.同じく四輪用なのでハーネスが左右長さが異なり、長い方はかなり余る


それにしてもウルトラ明るいです!

落札単価:5,900 円
落札合計(税込)  :6,195 円
送料(税込)    :1,500 円
代引手数料(税込) :600 円
合計金額(税込)  :8,295 円

作業時間:60分


   
[PR]
# by CBX750FE | 2009-08-19 01:38 | buy

ふたたび大黒ふ頭


夜になって爽やかな風が 吹いてきたので走ってきました。

本町料金所から首都高外環状に乗ってレインボーブリッジ経由大黒ふ頭まで。

e0186359_131932.jpg




そしていつもの

e0186359_132115.jpg




大黒ふ頭PAでZ1000に乗ってる現役のJMSDFサブマリーナさんとお友達になりました。

e0186359_25568.jpg




【おまけ】1:2.8のLUMIXは1:1.9のGRⅢには歯が立たないの図 ↓

e0186359_1344095.jpg




今宵はホーネット号とご一緒でした。

e0186359_1351793.jpg



ところで、先日取り付けたETCですが ウルトラ便利♥

クラッチもブレーキもETCも絶好調でした。(大満足



本日の走行距離:145km
[PR]
# by CBX750FE | 2009-08-13 01:41 | run

クラッチオーバーホール


CBX750FのクラッチO/H

クラッチはエンジンからの回転エネルギーをトランスミッションに伝えて車輪を回転させる繋ぎ役です。大きく分けるとその方式は乾式と湿式になり、乾式は四輪のマニュアルミッション車に使われています。構造が単純で保守性が高く、クラッチの切れは良いのですが一般的にクラッチ板が単板で大きいため装置部に広いスペースを必要とします。
(一部のスポーツ車や改造車には、より強力なパワーを伝達するツインプレートやトリプルプレートといった多板クラッチもあります。)

一方、CBX750Fにも用いられている湿式はエンジンオイルによりディスク板を潤滑するもので、耐摩耗性や冷却性に優れ、複数のフリクションディスクとプレートを交互に重ねることで、小型化を図りながらも接触面積を増やすことが出来、スペースに制約のあるバイクには適しています。
(クラッチを切ったときにカラカラと独特な音がするドゥカティなど乾式多板クラッチを採用している車種もあります。以前乗ってましたドゥカティは、オイルによる微妙なスリップがなくダイレクトな繋がり感こそありますが、耐久性に問題があり渋滞につかまると温度が上昇し、クラッチを繋ぐときにディスク板がギクシャク踊るクラッチジャダー出まくりでした。)

e0186359_23274366.jpg

では、早速作業に取り掛かります。



e0186359_18554949.jpg
まず最初に6角レンチでクラッチケースカバーを外します。




e0186359_18563545.jpg
結構強力に張り付いてました。
アルミケースなのでプラスチックハンマーで徐々に開きます。




e0186359_185913100.jpg
ガスケットがビッシリと張り付いてます。




e0186359_18595964.jpg
スクレイパーで丁寧にガスケットを剥がします。
後からオイル漏れしないように、この作業は真面目に行います。




e0186359_2013107.jpg
e0186359_20132214.jpg
クラッチカバーをとめているスナップリングを外します。




e0186359_20141564.jpg
スラストカラーを引き抜きます。




e0186359_2015575.jpg
カバーを固定している27mmのナットをインパクトレンチで緩めます。




e0186359_2016568.jpg
ディスクとプレートが出て来ました。




e0186359_20215444.jpg
e0186359_20173091.jpg
クラッチハウジング




e0186359_2018668.jpg
奥側のディスクは微妙なところですべり気味、手前が新品のディスクです。
進化したのでしょうか、新しいものはピッチが細かいです。





e0186359_20223486.jpg
新品装着時にオイルを塗ります。
そのほうが早くディスクが馴染みます。




e0186359_2024476.jpg
取り外しと逆の順序で組み付けます。




e0186359_2024464.jpg
新品のガスケットは気持ちイイですねー。




e0186359_20251417.jpg
ということで完成です。



軽くテストラン

クラッチの繋がり・切れ共にGood!!

作業自体はガスケットはがしを含めて40分位
ワッシャーの組み付け順序さえ間違わなければ簡単です。

むしろ配線やバキュームなどの取り回しがある四輪車の方が面倒です。



♥楽勝♥

[PR]
# by cbx750fe | 2009-08-11 20:30 | maintenance

クラッチ部品入手


HONDAさん 仕事速っ!!

先日、確認したのは全メーカーの部品を扱う一般の部品屋さんで した。
クラッチ部品生産終了!? 在庫がないと回答をもらったので、すぐに次のアクションを起こしました。

HONDAさんの協力店へお願いしてみたのです。
するとオンラインで部品番号を打ち込むと代替や汎用品を含む新しい部品番号に自動的に読み替えてくれました。

(旧)11395-MJ0-000 → (新)11395-MW3-600 @450円×1 クラッチカバーカスケット 
(旧)22201-MB0-003 → (新)22201-MM5-000 @1,280円×6 クラッチフリクションディスク 
(旧)B22321-283-000 → (新)22321-MG8-000 @630円×5 クラッチプレート 




しかも各数量を入力してポッチンしたら翌日が日曜日なのに、HMJ(ホンダ・モーターサイクル・ジャパン)さんから直送で届きました。
e0186359_15205826.jpg




e0186359_15214234.jpg

クラッチカバーガスケット




e0186359_1522182.jpg
クラッチディスク6枚&プレート5枚




HONDAさん偉い!

助かりました、ホント。

オーバーホール作業は8/11の午後に予定してます。
[PR]
# by cbx750fe | 2009-08-09 19:25 | buy

GPSセキュリティー取付


盗難防止装置をつけました。


1983年12月13日に発売されたCBX750F、当時の標準現金価格は¥698,000でした。

しかし現在の大型スーパースポーツバイクの価格は壱百万円を軽く超えて弐百万円に達することも珍しくありません。しかもそのようなバイクに後から装着する改造マフラーも弐拾万円超、その他にもウン万円単位のたくさんのパーツetc。


当然、メーカーサイドでも盗難防止にイモビライザーなどのセキュリティーを最初から組み込んで販売してる車種もありますが、このCBX750Fにはハンドルロックしかありません。


先日、ディスクロックなるものを購入したのですが、それだけでは心許無いので、今回GPSセキュリティーを購入してみました。


フロントカウルの左内側に装着。
e0186359_11361388.jpg





取り付けはとても簡単です。
e0186359_11364247.jpg


貼るだけですから。



抑止効果期待!



ちなみに・・・。
部品:300円
工賃:自分で装着したので¥0
取付時間:5秒
[PR]
# by cbx750fe | 2009-08-09 06:39 | buy

クラッチ部品生産終了!?


クラッチがすべりそう!

連日の首都高走行のせいでしょうか、最初の頃に比べてクラッチの繋がりが遠くなってきました。

e0186359_17543273.jpg
オドメーターは17,009kmと表示してますが、なにせ25年前のバイクです
中途でメーターを交換しているとか、エンジンを載せ換えてると思っても普通でしょう。


推定走行距離は、だいたい4~5万キロくらいではないでしょうか
そう考えると、すべっていなくてもそろそろオーバーホールの頃合かも。







e0186359_1627415.jpgCBX750Fは湿式多板ダイヤフラムスプリング方式
この中に6枚のクラッチ板が入ってます。

クラッチがすべる原因は、大きく分けると

1.半クラッチの多用

2.高速で巡航しすぎ

この2点に集約されます。
しかしあまり深く原因を考えるのはやめます。




いずれにせよ、今後のことを考えてクラッチ・オーバーホールしてクラッチ板を交換することにしました。

パーツリストでとりあえず最低限必要な部品を拾い出します。

クラッチカバーカスケット 11395-MJ0-000(数量1)
クラッチフリクションディスク 22201-MB0-003(数量6)
クラッチプレート B22321-283-000(数量5)


早速、部品手配したところ


んがっ!!


部品在庫なし+生産終了!?


どぉーなるのでしょうか・・・。



つづく
[PR]
# by cbx750fe | 2009-08-08 22:30 | repair

改造点


愛機の Remodelling Points



e0186359_12155497.jpg
1.フロントブレーキディスクローター

穴空きタイプに変更
HONDA純正と思われますが車種不明。
穴が空いているのでディスクロックが装着出来ます。





e0186359_12194630.jpg
2.フロントホイール

CBR250R用の17インチに変更
オリジナルの16インチと比べて切れ込みが少なく操縦性がマイルド。
タイヤ:MICHELIN RADIAL MACADAM 100X 110/80 ZR 17M/C 57W





e0186359_12212028.jpg
3.リヤホイール

VFR750用の17インチに変更
オリジナルの18インチは、タイヤの選択が少なくて難しい。
タイヤ:DUNLOP K505 140/80 ZR 17M/C 69H





e0186359_1223821.jpg
4.フロントブレーキホース

ステンメッシュに変更
ノーマルのゴムホースは熱膨張しやすくダイレクト感に薄れるため。
オリジナルはブレーキマスターからステム部のジョイントまで1本のライン、そこから左右キャリパーへ2本に分かれている3ライン方式なのですが、大き目のオイルクーラーを装着するためジョイントを廃しマスターからダイレクトの2ラインとしました。長さは将来ハンドルを交換することを考慮して左右とも1000mmです。





e0186359_122615.jpg
5.オイルクーラー

Kawasaki ゼファー1100用と交換&取り付け位置変更
現在主流の水冷式ではなく、空冷エンジンなので熱ダレ対策。





e0186359_12284393.jpg
e0186359_1229360.jpg
6.マフラー

4-1集合マフラーに変更
メーカー不明、ゼス管というタイプですがメッキ仕上げの特注品です。
サイレンサーは2種類、普段は出口23パイ、気合を入れるときはレース用40パイ(爆音につき未だ使ったことなし)
「ヨシムラ」のステッカーチューン済み。





e0186359_12331377.jpg
7.ミラーステー

オリジナルを13mmカットして全幅をスリムにしました。
車の間をすり抜けるときに僅かながらも効果を発揮します。





e0186359_12351486.jpg
8.リヤウィンカー

CBR600RR用と交換
純正はステーが長く、レンズも大きいので少し小さいものと交換しました。





e0186359_12374127.jpg
9.シート

カーボン調柄に張替え
少しアンコ抜きして足つき性を向上。





e0186359_12401897.jpg
10.リヤフェンダー

フェンダーレス仕様に変更
腰高リヤビュー。





e0186359_12415966.jpg
11.キャブレター&エアクリーナー

キャブのセッティング詳細秘密
エアクリーナーボックスを改造してスポンジをタイラップで固定してます。





e0186359_12435897.jpg
12.リヤサスペンション

CBR1000RR用をリンク加工して装着
ボディーカラーと同じイエローのスプリングがお気に入りです。





e0186359_12453699.jpg
13.ETC

テール部の小物入れにETC本体を格納
防水・振動対策ということで、プチプチ袋に入れてWAXスポンジで半固定。(カード取り出し簡単)





e0186359_12474835.jpg
14.ホーン

ノーマルは原付のような頼りない音なので4輪車用シングルホーンに交換。





今日現在の改造点です。
まだまだ進化!?する予定(えっ!
また、機関部改造の殆どは九州のN氏が行いました。

  
[PR]
# by CBX750FE | 2009-08-08 05:53 | know


闇練中


by CBX750FE

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

その他のジャンル

ブログパーツ

ライブチャットのジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧